桐葉

筑波大学蹴球部の部員ブログです。

#4 B2キャプテンとして(2年/山本洸)

今シーズン、B2チームのキャプテンを務めている筑波大学蹴球部2年の山本洸です。

 

前回の山田和希さんの記事の反響が大きすぎて、今回、自分が記事を書かせていただくことが決まった時に、まだ蹴球部に所属して1年しか経っていない自分が何を書いたらいいのかとても迷いました。

 

buinblog-tsukuba.hatenablog.com

 

そこで今回は、「どうして自分が筑波大学蹴球部に入ろうと思ったのか」ということと、「キャプテンとして今シーズンを戦っていく覚悟」について書きたいと思います。

 

どうして自分がこの筑波大学蹴球部に入ろうと思ったのか。

最も大きな影響を与えたのは兄だと思います。

 

私には筑波大学を卒業した兄が二人いて、長男は蹴球部に所属していました。

 

兄が在学中は、たまに帰省で静岡に帰ってくるとすぐに地元の小学校のグラウンドに連れ出され、「止める、蹴る」の重要性について、口酸っぱく言われてきました。

 

当時、筑波大学のTOPチームの試合を見に行く機会がありました。

私は、中学生ながら筑波大学が繰り広げるプレーに感動したこと今でも覚えています。

 

ボールを持った選手に対して周りの選手全員がアクションを起こし、狭いスペースでも臆さずボールを回し続ける筑波のサッカーを目の当たりにして、自分もこんなサッカーがしたいと強く思いました。

 

自分は将来、サッカーのコーチになりたいと考えています。

 

この目標は、高校生くらいから持ち始めました。

自分がプロ選手としてやれそうにないと感じることがあったのもありますが、若くして選手を諦めて監督として頂点までのぼりつめたジョゼ・モウリーニョ(現:マンチェスター・ユナイテッド監督)の話を聞き、そうやって成功した人もいるんだと知りました。

そして、将来どうにかサッカーに携わる仕事がしたいと考えた時にコーチを考えるようになったのです。

 

兄にそのことを話すと、筑波大学では授業の一貫で 日本サッカー協会公認C 級コーチのライセンスが取得できるということ、蹴球部活動少年サッカーの普及活動というものがあるということを教えてくれました。

 

また、S級コーチライセンス講習会の補助学生として学生が参加することがあるという話も聞いて、コーチを目指すにはこの上ない環境が整っていると思いました。

 

筑波大学蹴球部に入りたい」

そう思って受験勉強を始め、他の大学のことは一切調べませんでした。

筑波大学以外の大学に入学することは考えられませんでした。

 

しかし、高校時代サッカーしかやっておらず、授業も寝てばかりだった自分は、部活を引退して必死に勉強しても筑波大学のレベルまで学力を上げることはできず、他に大学を一つも受験していなかったため、その時点で浪人を決意しました。

浪人を許してくれた両親にはとても感謝しています。

 

そして一年間、受験勉強をやり直して、無事筑波大学に入学することができました。

自分の受験番号を見つけた時は本当に嬉しかったです。

 

こうして入学できた自分ですが、入部から1年経って B2 (1,2年生チーム)という新体制のチームのキャプテンを務めることになりました。

 

出場機会を増やすために 1,2 年生のチームを新しく作ろうという話が出た時に、正直不安な気持ちがたくさんありました。

 

1年生の頃はチームの一番後ろでついて行くのが精一杯だったのに、いきなりチームの最前列で引っ張っていかなければならないからです。

 

最初はキャプテンとしてどんなことをすればいいのか、どう振る舞えばいいのかなど、とても悩むことがありました。

 

しかし1月、今シーズンのスローガンが決まった時に自分のやるべきことが何なのかということがはっきりしました。

 

「常勝」

 

いつどんなときでも、どのカテゴリーでも勝てる集団。

私は B2 を勝てる集団にすればいいんだと自分のやるべきことを理解しました。

 

それは簡単なことではありません。

 

どうしたら勝てる集団になれるのか、勝つためにはどうしたらいいのか考えることは山ほどあります。

 

しかし常に蹴球部員1人1人がスローガンを胸に持って行動すれば自ずと集団は良い方向に向かっていくと思います。

 

現在、TOPチームはリーグ戦前半を首位で折り返し、天皇杯でもJリーグのチーム相手に勝利を重ね、文字通り「常勝」を体現しています。

 

B2は現在、所属するIリーグで3勝4敗と決して満足いく結果を残せていませんが、これから続いていくリーグ戦の中でできる限りの勝ち点をもぎ取って蹴球部全体を底上げできるように頑張ります。

 

また、シーズンが終わった時に自分がB2チームのキャプテンだと胸を張って言えるように全力で頑張りたいと思います。

  

 

拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今後とも筑波大学蹴球部の応援をよろしくお願いします!

 

筑波大学蹴球部2年 B2主将 山本洸(静岡県立藤枝東高等学校

f:id:buinblog-tsukuba:20170727142303j:plain